「おんな城主 直虎」から「西郷どん」まで。徳川幕府264年の総復習(その18 幕末。浪士組結成から八月十八日の政変)。

22PV

直虎関連記事 西郷どん関連記事

1862年、文久の改革によって政治総裁職についた松平春嶽に「急務三策」という建白書を提出した者がいました。清河八郎です。 当時、朝廷から攘夷を行うよう言われていた幕府は、清河の建白書を見て、この案に飛びつきました。 それ […]

「おんな城主 直虎」から「西郷どん」まで。徳川幕府264年の総復習(その17 幕末。生麦事件発生前から島津久光の動き)。

166PV

直虎関連記事 西郷どん関連記事

朝廷からの勅使と共に江戸に向かった薩摩藩主の父・島津久光は、薩摩から率いてきた武力を背景に幕府に幕政改革を迫り、成功させています(文久の改革)。 江戸からの帰り道、大名行列を横切った4人の英国人に対し、薩摩藩士は無礼討ち […]

西郷どん。有村俊斎(海江田信義)と桜田門外の変の有村雄介と有村次左衛門。

227PV

西郷どん関連記事

「西郷どん」は第20回で、有村俊斎(高橋光さん)の弟2人は「桜田門外の変」の実行犯と関係者になり、自刃しました。 有村俊斎は、ドラマでは吉之助の子供時代からの仲間として、お馴染みの登場人物です。 お調子者としてストーリー […]

「おんな城主 直虎」から「西郷どん」まで。徳川幕府264年の総復習(その16 幕末。寺田屋事件と精忠組)。

354PV

直虎関連記事 西郷どん関連記事

桜田門外の変に続き、坂下門外の変が起こり、幕府の権威は下落するばかりでした。 水戸藩を始めとする尊攘過激派の動きはますます活発になり、京には攘夷志士を名乗る荒くれ者が街を跋扈するようになってきました。 そこでついに薩摩藩 […]

ページの先頭へ