「ドラマ関連記事」の記事一覧

いだてん~東京オリムピック噺~で阿部サダヲさんが演じる田畑政治について。

10PV

いだてん関連記事

「いだてん」でいつもタバコを反対に咥えて「アチッ!」と叫び、大騒ぎしながらやけどをしている人物、それが田畑政次。 ・・・ではなく、「水泳ニッポンの父」と呼ばれ、日本水泳界においてはなくてはならない人。 日本が戦争の影響で […]

いだてん~東京オリムピック噺~でビートたけしさんが熱演中の古今亭志ん生について。

95PV

いだてん関連記事

2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』は、明治から昭和にかけてのオリンピックドラマ。 そしてドラマの進行役は、落語家・古今亭志ん生さんです。 昭和35年頃、芸が円熟した70歳の志ん生をビートたけし […]

いだてん~東京オリムピック噺~ 韋駄天、金栗四三を熱演中の中村勘九郎さんについて。

159PV

いだてん関連記事

2019年1月6日(日)からスタートした、NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」。 主人公は、中村勘九郎さん演じる金栗四三と、阿部サダヲさん演じる田畑政治の2人です。 今回は、中村勘九郎さんにスポットを当て […]

「いだてん~東京オリムピック噺~」の脚本、宮藤官九郎さんのエピソードと期待。

168PV

いだてん関連記事

2019年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が1月6日から始まります。 2020年の東京オリンピックを前にしての日本が初めてオリンピックに参加した時から東京にオリンピックを招致するまでのお話を宮藤官九郎さんの脚 […]

「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公、金栗四三さんと田端政治さんについて。

168PV

いだてん関連記事

2019年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は、明治45年から昭和39年にかけての近代日本オリンピック・ストーリー。 明治と大正の変わり目の年に、ストックホルムオリンピックに初めて参加した日本人である金栗四三 […]

西郷どん。西郷菊次郎!西郷隆盛と愛加那の子の生涯と、演じる城桧吏さんと今井悠貴さん。

172PV

西郷どん関連記事

西郷隆盛の初めての子にして、西郷隆盛の2番目の妻、奄美大島に住む愛加那の息子・菊次郎。 菊次郎が2歳の時に父が薩摩に帰り、母とともに島に残りました。 その後、9歳の時に薩摩の西郷家に引き取られました。 そこで、西郷の3番 […]

西郷どん。日本が植民地化を免れた理由と、欧米列強各国の事情。

158PV

西郷どん関連記事

大河ドラマ「西郷どん」では、主人公・西郷隆盛が大きく関わった、幕末最大の戦いである戊辰戦争が描かれます。 ドラマでは、新政府軍側である西郷隆盛は「日本を切り売りする慶喜には、政治を任せられない。また生かしておけば必ず再興 […]

西郷どん。御簾の奥に隠れた孝明天皇の生涯と演じる中村児太郎さん。

252PV

西郷どん関連記事

幕末期の激動の時代に天皇として在位していたのが孝明天皇です。 孝明天皇の勅許を巡って大変な事件が起こりました。 諸外国の脅威に晒され、開国か攘夷か日本の中でも意見が割れ、あちらこちらで不穏な動きが頻発していました。 孝明 […]

西郷どん。維新の怪人、岩倉具視の生涯と怪演中の笑福亭鶴瓶さん。

227PV

西郷どん関連記事

お公家さんといったらどんな印象を持っていましたか? ゆっくりおっとりした立ち居振る舞い、直接本音を語ることをせず、回りくどい言い回し。 私が今まで見ていた時代劇のお公家さんはみんなそんな印象だったように感じます。 大河ド […]

西郷どん。幕末の風雲児、坂本龍馬の波乱に満ちた生涯と熱演中の小栗旬さん。

305PV

西郷どん関連記事

時代の寵児、幕末の風雲児、など数々の異名を持つ坂本龍馬。 大河ドラマ「西郷どん」でも、いよいよ本格的に登場しましたね。 小栗旬さん演じる坂本龍馬と鈴木亮平さん演じる西郷隆盛のファーストコンタクト、素晴らしかったですね。 […]

西郷どん。中村半次郎(桐野利秋)。人斬り半次郎の生涯と、演じる大野拓朗さんと中村瑠輝人さん。

311PV

西郷どん関連記事

「人斬り半次郎」の異名を持ち、薬丸自顕流を極めた薩摩藩士・中村半次郎。 偵察など危険な任務も引き受け、倒幕に大きな貢献を果たしました。 西郷隆盛に心酔し西郷に最後まで付き従った半次郎は、多くの偉人たちから高い評価を受けた […]

「おんな城主 直虎」から「西郷どん」まで。徳川幕府264年の総復習(その19 幕末。池田屋事件から禁門の変)。

233PV

直虎関連記事 西郷どん関連記事

八月十八日の政変で政治の中心である京都から追放されてしまった長州藩。 しかし、彼らは長州で大人しくしてはいませんでした。 長州・土佐の尊皇攘夷派たちは公武合体派が主流となっている京に潜伏し、次なる一手を画策します。 池田 […]

ページの先頭へ