大河ドラマ応援団!

NHK大河ドラマの「麒麟がくる」と「いだてん」と「西郷どん」と「おんな城主 直虎」と「風林火山」と「軍師官兵衛」の感想や関連ネタ等を中心に書いています。

「直虎関連記事」の記事一覧

「おんな城主 直虎」から「西郷どん」まで。徳川幕府264年の総復習(その19 幕末。池田屋事件から禁門の変)。

八月十八日の政変で政治の中心である京都から追放されてしまった長州藩。 しかし、彼らは長州で大人しくしてはいませんでした。 長州・土佐の尊皇攘夷派たちは公武合体派が主流となっている京に潜伏し、次なる一手を画策します。 池田 […]

「おんな城主 直虎」から「西郷どん」まで。徳川幕府264年の総復習(その18 幕末。浪士組結成から八月十八日の政変)。

1862年、文久の改革によって政治総裁職についた松平春嶽に「急務三策」という建白書を提出した者がいました。清河八郎です。 当時、朝廷から攘夷を行うよう言われていた幕府は、清河の建白書を見て、この案に飛びつきました。 それ […]

「おんな城主 直虎」から「西郷どん」まで。徳川幕府264年の総復習(その17 幕末。生麦事件発生前から島津久光の動き)。

朝廷からの勅使と共に江戸に向かった薩摩藩主の父・島津久光は、薩摩から率いてきた武力を背景に幕府に幕政改革を迫り、成功させています(文久の改革)。 江戸からの帰り道、大名行列を横切った4人の英国人に対し、薩摩藩士は無礼討ち […]

「おんな城主 直虎」から「西郷どん」まで。徳川幕府264年の総復習(その16 幕末。寺田屋事件と精忠組)。

桜田門外の変に続き、坂下門外の変が起こり、幕府の権威は下落するばかりでした。 水戸藩を始めとする尊攘過激派の動きはますます活発になり、京には攘夷志士を名乗る荒くれ者が街を跋扈するようになってきました。 そこでついに薩摩藩 […]

「おんな城主 直虎」から「西郷どん」まで。徳川幕府264年の総復習(その15 幕末。皇女和宮降嫁と坂下門外の変)。

桜田門外の変で幕府の最高権力者であった井伊直弼が暗殺されたことにより、幕府の権威は地に落ちました。 直弼に変わり、幕政の中心となったのは老中首座となった安藤信正と老中・久世広周でした。 彼らが幕府の難局を乗り切るためにと […]