2019年1月6日(日)からスタートした、NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」。

主人公は、中村勘九郎さん演じる金栗四三と、阿部サダヲさん演じる田畑政治の2人です。

050ecf5d181ef7d97236a1e8ce967a88_s_011419_031938_PM

今回は、中村勘九郎さんにスポットを当て、どんな俳優さんなのか詳しく調べてみました。

プロフィール

  • 1981年10月31日生まれ (現在37歳)
  • 東京都出身
  • 血液型 O型
  • 身長 174cm

家族

  • 父:十八代目中村勘三郎さん
  • 母:波野好江さん(七代目中村芝翫の娘)
  • 弟:中村七之助さん
  • 妻:前田愛さん
  • 長男:三代目中村勘太郎くん
  • 次男:二代目中村長三郎くん
スポンサーリンク

経歴、主な出演作

青山学院初等部、中等部卒業、堀越高校卒業。その後、東洋大学に進学するも中退。

堀越高校では嵐の松本潤さんや松田龍平さんと同級生で、いまでも交流があるそうです。

1986年4歳のときに、歌舞伎の舞台に初お目見え。

1987年からは二代目中村勘太郎を名乗り、舞台に上がります。

その後も10歳のときに父のロンドン公演に帯同するなど経験を積みます。

2012年に六代目中村勘九郎を襲名。父の始めた新しい試みである平成中村座の座長として盛り立てるなど、今後の歌舞伎界を背負って立つ人物の1人だと言われています。

また1987年にTBSドラマ「時間ですよ ふたたび」の第6話に子役として出演、1995年に舞台「スタンド・バイ・ミー」で初の現代劇に挑戦するなど、歌舞伎以外にも幅広く活躍。

2001年のNHKドラマ「光の帝国」に、2004年に大河ドラマ「新選組!」に藤堂平助役で出演。2008年に映画「禅[ZEN]」で主演を務めるなど、存在感を表します。最近では、2017、18年に人気漫画の実写映画「銀魂」シリーズに出演、裸になるシーンも多く話題を集めました。

世間の印象としては、歌舞伎一家・中村家のお兄ちゃんとして幼い頃からドキュメンタリーやバラエティでのTV露出が多く、そのイメージがまだ強いかもしれません。

結婚について

2001年のNHKドラマ「光の帝国」への出演がきっかけで、主演の前田愛さんとの交際に発展。2009年に結婚しました。子供の頃から芸能活動を始め、チャイドルとして大人気だった前田愛さん。同じく幼い頃から世間の注目を集めてきた勘九郎さんと、共有する思いがあったのかもしれませんね。前田愛さんは、現在は梨園の妻として、芸能活動は休止しています。

2011年に長男・七緒八くん、2013年に次男・哲之くんが誕生。2人そろって、2017年に歌舞伎の舞台デビューを果たしています。

夫婦仲がとてもよいと言われていて、勘九郎さんは夜遊びや浮気などの噂も一切なく、円満な夫婦生活のようです。テレビ朝日「徹子の部屋」に、勘九郎さんと息子2人、別の回に前田愛さんがお1人で出演されて、それぞれ私生活について語っています。前田愛さんが梨園の妻として、そして息子2人の母親として、家族をしっかりとサポートしている姿が想像されますね。

ちなみに…歌舞伎界について

大河ドラマにも、歌舞伎俳優さんがたくさん出演されていますよね。そんな歌舞伎界について、少し調べてみました。

江戸時代初期、名古屋からやってきて江戸歌舞伎を創設したのが、初代中村勘三郎でした。初代は、演者であり支配人だったのです。その後、幕末頃から演者ではなく座元、つまりプロデューサーの名前として受け継がれますが、昭和に役者名として復活します。

また、有名な市川海老蔵さんをはじめとする、市川家。初代市川團十郎は、元禄に大変な人気を博した役者でした。市川家は歌舞伎界のなかでも別格とされる格上の家系ですが、中村家も江戸時代から続く名門一家となっています。また、中村獅童さんは萬屋一門、市川猿之助さんは澤瀉屋一門と、同じ名字でも宗家が違うのだそうです。

江戸時代は実力がある弟子を養子にして名前を継がせたそうで、初代と現在の役者は、血のつながりはないとのこと。世襲のように子供に継がせるようになったのは、戦後からだそうです。とはいえ、人気と実力がないと評価されないのが歌舞伎の世界。名門一家出身であることに胡座をかかず、幼い頃から芸に精進しているからこそ、名跡を継ぐことができるのだと言えます。

最後に

中村勘九郎さんは、歌舞伎界のサラブレッド。実力もあり、人気女形である弟の七之助さんと一緒に、これからの歌舞伎界を担っていく役者です。そして大河ドラマの主役となれば、一般的な知名度もさらに上がります。

脚本は、コミカルドラマが得意な宮藤官九郎さん。

そして近代劇なので、時代劇と違い中村勘九郎さんの歌舞伎の所作などが生かされないのではというもったいなさもあります。

今回の役・金栗四三は、長距離陸上競技の選手としてオリンピックに出場し、さらに箱根駅伝を立ち上げたり、初の国産ランニングシューズを生み出したりなど、陸上界に貢献した人物。前半は選手として、走る姿が目立つだろう役どころです。

真面目で頑固な性格だったという金栗四三をどのように演じていくのか、とても楽しみです!