大河ドラマ「おんな城主 直虎」第37回「武田が来たりて火を放つ」を観ました。

直虎(柴咲コウさん)は領地も家督も全て失い、還俗して「おとわ」という1人の女性にもどりました。龍雲丸(柳楽優弥さん)はおとわに「そばにいたい」と告白。一方、武田は西に、徳川の領地に進軍を開始します。

a63c8eb36b4af09d100827d8b48e5654_s_092717_104821_PM

今回のサブタイトルは「武田が来たりて火を放つ」。元ネタは「悪魔が来りて笛を吹く」という横溝正史の長編推理小説で、いわゆる「金田一耕助シリーズ」です。この「悪魔が来りて笛を吹く」は、2度映画化されて、4度テレビドラマ化されています。ちなみに、主役の金田一耕助役ですが、映画版は片岡千恵蔵さん、西田敏行さん、テレビドラマ版は古谷一行さん、片岡鶴太郎さん、稲垣吾郎さんと様々な方が演じられています。この機会に見比べて見てはいかがでしょうか?

前回の第36回「井伊家最後の日」を見逃した方は、是非こちらをどうぞ。

おんな城主 直虎「第36回 井伊家最後の日」のネタバレとあらすじと感想。

堺という町

近藤(橋本じゅんさん)が井伊谷の新しい領主となって4年が過ぎました。おとわは百姓として、龍雲丸と一緒に静かな日々を送っていました。

龍潭寺に身を寄せて薬の行商を始めた瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、あやめ(光浦靖子さん)の施した見事な刺繍を見て「カーン」と何かをひらめき、あやめに求婚。あやめの刺繍の腕に惚れ込んだといいますか、金の匂いを嗅ぎつけたといいますか、そんなところのようです。

そんなある日、龍雲丸のもとに美しい若い娘が訪ねてきました。龍雲丸は嬉しそうな顔で出迎え、娘は龍雲丸に抱きつきます。それを影から見ていたおとわ。

娘が去った後、おとわは浮気を疑って龍雲丸が読む文を取り上げますが、恋文ではありませんでした。訪ねてきた娘は、たまき(染野有来さん)という龍雲党にいた少女でした。中村屋の船で逃げ、堺という町で新しい暮らしを始めているそうです。商いは順調で人手が足りず、龍雲丸に堺に来ないか?という手紙でした。

龍雲丸は農作業などはせず、どこか手持ち無沙汰に暮らしていました。気賀で商売などをやっていた頃が忘れられないのではないでしょうか。おとわは「よいのではないか?」と、堺行きを後押しします。

龍雲丸は「おとわも共にいかんか?共に堺に」と誘いますが、おとわは「行けるわけなかろう」と、政次たちの菩提を弔うためにも、この地に残らねばならないと言います。

一方、近藤の屋敷で働く高瀬(高橋ひかるさん)のもとに、謎の行商が訪れました。「近く武田が攻め込んでくる」「今の城主を殺してほしい。しくじれば命はあると思うな」と言うと、毒薬を渡し、去っていきました。高瀬は身分を隠していますが、井伊家の生き残りだと知っている武田の手の者の、策略の一つでしょう。

スポンサーリンク

新たな地へ

おとわの母の祐椿尼(財前直見さん)が、甘味を差し入れに来ました。堺に行く話は伝わっていて「そなたは共にいくのですか?」と聞きます。「行きません、左様なことは許されない」というおとわですが、祐椿尼は、孫が抱きたい母のためにも、龍雲丸と共に堺に行って欲しいと説得します。

泣きそうな顔をしながらおとわは受け入れ、龍雲丸に「共に行く」と伝えました。

龍潭寺に報告に来た2人。並んで位牌に手を合わせる姿はお似合いの夫婦そのもので、微笑ましく思います。堺に行くのは、年明けになるようです。

そこに中野直之(矢本悠馬さん)が、武田が徳川領の遠江に攻め込んできたと知らせました。

武田VS徳川

武田信玄(松平健さん)は信濃と駿河の2方面から遠江に攻め入ります。さらに織田も武田にやられたとの報告が。北条は一向一揆で手が一杯で、徳川は孤立無援の状態です。

武田は鬼神のような強さで次々と城を落としていきます。ついに武田軍と徳川軍は三方ヶ原で激突しますが、徳川軍の大敗北に終わり、命からがら戻ってきた家康(阿部サダヲさん)が脱糞をするほどでした。

井伊谷では近藤が百姓を戦に駆り出す直前に、おとわたちが隠れ里に皆を逃します。これは「逃散」といい、戦を恐れた農村ではたまにあることだったようです。

中野の案内で、荷に紛れて近藤の屋敷に忍び込むおとわと龍雲丸。近藤はまだ戦うつもりだと知ると、おとわは「ではやるしかないな」と言います。高瀬の姿が川名の隠れ里に見えず、龍雲丸が屋敷を探すことに。

高瀬は屋敷に残り、近藤の食事の世話をしていました。高瀬が毒を盛った粥を食べる直前に、武田軍が到着の知らせが来て、近藤の暗殺は未遂に終わりました。

焼け落ちる井伊谷の館

武田軍は総勢2万。忍び込んで雑兵の格好をしたおとわが「それでもまだ、戦うおつもりですか?」と、近藤の前に躍り出ます。中野は「近藤様、どうかお話をお聞きくださいませ」と、近藤の首元に刀を突きつけます。

井伊の兵はせいぜい500。「此度の戦い、到底勝ち目はございませぬ」「武田に帰順し、開城の使者をお立てくださいませんでしょうか!」と近藤を説得します。

近藤は「三十六計逃げるにしかず、か」とつぶやき、逃げることを決意しますが「ただし帰順はせん、城に火を放て!死んでも武田に城は渡さん!」と叫びます。中野は「ここらが落としどころでございましょう」とおとわに言います。高瀬も無事見つかり、逃げることができました。城は焼け落ちましたが、命を落としたものはいませんでした。

次回は「井伊を共に去りぬ」です。

おんな城主 直虎「第38回 井伊と共に去りぬ」のネタバレとあらすじと感想。

2人は新しい土地へ旅立つのでしょうか?

ちらっと成長した虎松(菅田将暉さん)の姿も出ましたね。いよいよ登場、楽しみです!