毎週日曜日20時から、NHK総合他にて放送中の大河ドラマ「西郷どん」。

2018年11月18日、第43回「さらば、東京」が放送されました。

前回、留守政府を任されていた西郷隆盛(鈴木亮平さん)は、不正を働いた山県有朋(村上新悟さん)を辞めさせて、江藤新平(迫田孝也さん)らを新たな参議としました。

留守の間、何もしないという岩倉具視(笑福亭鶴瓶さん)らとの約束を破り、地租改正、徴兵令、学制を制定。鉄道、製糸場の開業、太陽暦の採用、裁判所の設置など、後の世に繋がる大きな成果を上げていったのです。

7912b3d4ae944546e470e39e11441da1_s_121418_102715_PM

一方、条約改正を果たせず、他の使節団より少し先に帰国した大久保利通(瑛太さん)は、過労で倒れた隆盛のいない留守政府の人達に、のけ者扱いをされます。さらに隆盛を見舞いに行った時に「邪魔者は排除する」という考えを隆盛に話した事で二人は激突。隆盛から政府を去るよう言われます。

利通は、あとで帰国してきた岩倉を味方につけ新政府に戻り、既に閣議で決定していた隆盛を日本国大使として朝鮮へ派遣する話に反対してきたのです。

前回の第42回「両雄激突」を見逃した方は、是非こちらをどうぞ。

西郷どん 第42回「両雄激突」のネタバレとあらすじと感想。

それでは、第43回「さらば、東京」のあらすじと感想です。

議論を戦わせる西郷と大久保

「西郷に勝ち、今の政府をぶっ壊したい。」と事前に岩倉に話していた利通。岩倉は利通の話に乗り、閣議で隆盛の言う事に反対してきました。

朝鮮に行くと戦になるという利通の意見を、軍艦も兵も連れず一人で行くから戦にはならないと否定する隆盛。利通は異国を知らない隆盛に異国を語るなど!と言いますが、隆盛は礼節を尽くせば必ず伝わる、と引きません。

しかし利通は「今は朝鮮国の事など捨て置けばよい!何よりもまず富国強兵こそが肝要。欧米の様に石炭を燃やし蒸気の力で鉄をつくり、その鉄から武器や船、鉄道をつくる。国の端から端まで通すのだ!」と言いますが、隆盛は鉄道を通すのが急を要するとは思わないと言います。

「鉄道だけではない!ガス灯、製鉄所、造船所、生糸工場、ありとあらゆる工場を急ぎ造る。そして軍備の拡大、増強を図り欧米列強と並ぶ力をつける。さすれば朝鮮国など向こうから使節を送って来る事になる。」と言い切る利通。

「おいは朝鮮国と国交を結びに行っとじゃ。朝鮮国と清国と手を結べば、欧米に対する強か壁を作るこっが出来る。」という隆盛。

「陸軍大将も兼務する西郷参議が交渉にいて揉めないはずがない。もし交渉が滞れば、列強は一気に両国を飲み込みに来る。今はひたすら強兵に努め、列強に…」と言いかける利通を遮って「おいはその強兵の為にも朝鮮へ行っとじゃ。今国内では廃藩で行き場を失った士族たちの政府に対する憎悪がたぎっちょ。おいが朝鮮に行くち言えば、戦にならずともそん皆の意識が外に向く!おいも強兵を作る方法じゃっで!」と言う隆盛です。

利通はその理由なら「国交を結びに行くとは言えない。西郷参議は何も見えていない。」と言うと隆盛も、利通にも朝鮮国内にいる居留民2000人の安否が見えていない。勝手に帰国することも出来ず、自分たちの迎えを待っていると主張します。居留民を後回しにしようとする利通に「見殺しにすっとか、おはんは!」と声を荒げる隆盛です。

江藤が「これ以上議論は無駄。」と太政大臣である三条実美(野村万蔵さん)に言い、閣議の決定に反対をする岩倉と大久保の罷免を要求しました。後藤象二郎(瀬川亮さん)、板垣退助(渋川清彦さん)、大隈重信(尾上寛之さん)もこれに続きました。

岩倉は「分かった!西郷!望み通り、朝鮮国行ってこい!」と言うのでした。

こうして朝鮮国使節派遣は可決され、後日太政大臣の三条が、天皇へ奏上するのみになりました。

スポンサーリンク

三条実美が倒れる

閣議のあと、岩倉に詰め寄る利通。岩倉も「ああするしかなかった。」と言い訳します。そんな岩倉に「辞職させていただきます。戦の準備でもなされますよう。」と脅しをかける利通に、話を一緒に聞いていた三条が引き留めます。

そんな三条の頼りなさに今度は岩倉までなぜか腹を立て、二人で去ろうとしたところ、三条が胸を押さえて倒れてしまいました。

三条が倒れた事を知らない隆盛は、自宅で小兵衛(上川周作さん)、従道(錦戸亮さん)と朝鮮への派遣の事で話をしていました。従道は利通と同じ考えで、隆盛が朝鮮へ行くのを危険だと思っていました。そして短銃を差し出し、持って行くように言いましたが、隆盛は笑いながら返しました。

後日、閣議が開こうと隆盛らが待っていると、岩倉から三条が倒れた事を告げられ中止となりました。

三条の見舞いに行く隆盛。

三条の体調は思わしくありませんでした。隆盛は度重なる閣議で心労をかけたとお詫びし、「三条様は政府にとって扇の要でございもす。」と、ゆっくり休んで欲しいと伝えてもらい去ろうとしました。

そこへ寝巻のままの三条が現れ「こない頼りないまろが扇の要なはずがないやろ。西郷、ほんまにすまん。信じてもらわれへんやろうけど、岩倉はんらが帰ってくるまでの政府はよかった。天子様と政府と日本の民がほんまの扇みたいにきれいにつながってるようでなぁ。」と振り絞るように言うと胸を押さえます。

「お前に言うとかなあかんことがあるんや。大久保が恐ろしいことを企んでる。」と意味深な事を告げるのでした。

再び閣議が開かれ、太政大臣代理として現れた岩倉が、天皇の言葉として、隆盛の朝鮮国派遣の否決を告げたのです。これは、利通が岩倉に天皇へ「西郷が行けば命が危ない。」と言うよう指示し、隆盛を心配した天皇が否決するよう仕向けていたのです。

政府の皆は、岩倉が天皇に何か言ったのかと問い詰め、岩倉も認めます。「そんな横暴許さん!」と食ってかかる板垣。皆が止めに入ります。

そこに隆盛が「じゃっどん、我らの論議が意味をなさずでは、我らがここにいる意味すらもなくなりもんど。」と岩倉に言い、岩倉も「その通りや。けど、これは決定や。天子様のご叡慮や、決まったもんは仕方ない。」と返します。

「決まったもんば、ひっくり返したんはそっちじゃろ!」と江藤が憤怒すると「これがまろのやり方や!」と岩倉も開き直ります。

「分かいもした。我ら一同、天子様のお言葉に従いもす。」隆盛が静かに言います。そして「しかしながら一つだけ、朝鮮国に残る居留民のことです。命が危ういと分かった時は、すぐに遣いを出し、助け出して下さいませ。おいの役目、ここまででございもすな。あとはお任せいたしもす。」と岩倉に言うと、一礼し、隆盛は去っていこうとします。

「まだじゃ、西郷参議!」「ちっくと待ちや。」と皆口々に言って隆盛を止めましたが、出ていきました。

隆盛が陸軍の施設で書類を焼いているところに、桐野利秋(大野拓朗さん)たちが噂を聞きつけてやって来て、岩倉を襲うと言い出しました。

「おはんらは今や一人一人が政府の大切な人間じゃ。それぞれになすべきこっがあっとが。おいがどげんしようと関係なか。辞めるこつも騒ぎ立てるこつも許さん。」と皆を押さえる隆盛。国づくりは政府の人間だけでは出来ない。民の力も要ると優しく諭し、「頼んだと!」と言って静かに去っていきました。話は離れたところで従道も聞いていました。

留守政府が去る

明治6年10月24日。西郷隆盛は、政府に辞表を届け出ました。続いて、江藤新平、後藤象二郎、板垣退助も政府を去りました。

入れ替わるように入ってきた利通は、岩倉に新しい人事案を提出。利通自身は「内務卿」、木戸孝允(玉山鉄二さん)、伊藤博文(浜野謙太さん)、山県(村上新悟さん)、井上(忍成修吾さん)ら隆盛に罷免された者たちまで名前が挙がっていました。

こうして大久保利通は、国政における大きな権力を握ることになったのです。

岩倉は、利通に名前を挙げられた伊藤、山県、井上、木戸を迎えて酒席を開きました。他の者は笑顔で岩倉に礼を言いましたが、木戸の顔色だけはすぐれません。席に着こうとしない木戸に岩倉が自らお酌をして酒を飲もうとします。木戸は「畏れ多い。」と断ります。

岩倉は木戸の体調を気遣いながらも、「そろそろ重い腰を上げて政府に戻って来てくれ。」と言ってきました。「我らに何をさせようとお考えですか?」と返す木戸。

「政府を去った西郷君のせいで、陸海軍の薩摩兵たちが暴れ出すやも。もしくは西郷君が薩摩に戻り、政府に向けて兵を起こす…とでも考えていらっしゃるんですか?」とさらに問う木戸に岩倉は「さすがや。」と軽く受け止め、長州の力が必要。と説得してきて、盃を木戸に受け取るよう迫ります。

木戸は泣き震えながら盃を畳に叩きつけ「西郷君はそねえな男じゃない!」と怒鳴り、息を切らせます。「やはりまだ体調がすぐれんようですから先に失礼つかりまつります。」と言って席を立ちました。木戸は歩くのもやっとでした。

木戸との別れ

後日、木戸は隆盛を訪ねてきました。何か話したそうにしている木戸を察し「まさか木戸さぁまで政府を去るち言い出すっとじゃなかでしょうな?」と先に隆盛が言いました。

「条約改正に失敗し、その渡航のさなかに長州の者は汚職にまみれてしもうた。わしはその責任を取らんにゃいかん。」と力なく木戸が言うと「んにゃ。こいからじゃどが。異国で悔しか思いをしてきたおはんらの腕の見せどころは。山県さぁも井上さぁもおいが辞めさせた。じゃっどん、こんまま野に埋もれさせるには惜しか人たちじゃ。そんお仲間の為にも、木戸さぁにはどげんしても政府に残ってもらわなねばならん。人は過ちを犯すもの。その過ちを認め、どう明日へ向かうか。そいでそん人の器量が分かるっちゅうもんじゃ。」と隆盛が熱く語ります。

その言葉を聞いて木戸は目に涙を浮かべて「そうじゃのう。その言葉しかと胸に留め置こう。」と返し、手を差し伸べました。すると隆盛が「よろしゅう頼む。」とかつて薩長同盟を結んだとき木戸が言った言葉を言って握手をし、二人で笑い合いました。

二人が話しているところに隆盛が勉強を教えている子供たちが入って来て、隆盛を引き留めに来ました。木戸が子供たちの面倒を見ると約束。しかし子供たちは木戸がどんな人物か知らず失礼なことを言い、隆盛が戸惑います。

木戸と隆盛は最後に子供達も交えて笑顔になり、明るい別れをすることになりました。

木戸さんとは、長い因縁がありました。「西郷どん」での木戸さんはいつも隆盛に怒ってて嫌な感じだと思っていました。が、最後の最後で笑い合えてよかったです。

木戸さんが隆盛を岩倉の前でかばってくれたのも嬉しかったです。

利通との最後の別れ

利通が自宅に戻ると、達熊(吉田奏佑さん)が出迎えに来ませんでした。ゆう(内田有紀さん)が「今お友達が遊びに。」と言います。

2階で達熊の笑い声がする部屋へ向かった利通は、驚きます。隆盛が達熊を背中に乗せて遊んでやっていたのです。

ゆうは、利通から吉之助が来ても取り次ぐなと言われていたので、利通にではなく、達熊に取り次いだと言います。怒る利通に「おいがおゆうさぁに無理を言うた。」と隆盛がかばいます。おゆうが達熊を連れて行き、二人になりました。

隆盛はまず、岩倉にどんでん返しされたが、それは利通が仕組んだ事だったのかを聞きました。利通はそうじゃと答えます。

次に「おはんは子どもん頃から頭のよか秀才じゃった。じゃっどん、ないごてここまでずる賢か頭の使い方をせにゃならんとじゃ?」と聞くと「おいには理想とする政府がある。そいを邪魔する者は排除する。」と利通は答えます。

隆盛は利通が自分を追い出す為にやった事だと知ると、なぜはっきり言ってくれなかったのかと怒ります。そして「おいと一蔵どんの喧嘩なら周りを巻き込むこつはなかった。腹を割って話せば済むこっじゃ。ずっとそげんしてきたどが!おいはこげな周りくどかやり方は好かんど!おはんも知っちょっどが!」と怒鳴りました。

「卑怯者とでも何とでも言え。憎め。」と憎たらしい言い方で言う利通。

「無理を言うな。おはんを嫌いになど、なれるはずはなか。ずっと2人でやってきたんじゃが。あん頃からおはんに何度も何度も助けられた。そん大久保正助をどげんして憎めっちゅうとじゃ?」隆盛は泣きながら言い、涙を拭いました。

「おいの負けじゃ。さすが一蔵どんじゃ。あとはおはんのやり方でやれ。じゃっどん、やるなら思いっきりやれ!おいは大久保一蔵の国づくりを眺めながら、鹿児島で畑でん耕すで。」と激励して立ち上がりました。

そこへお茶を運んできたゆうが入ってきました。

隆盛がゆうに「話をしてすっきりしもした。おゆうさぁにもほんのこて世話にないもした。達熊どんにもくれぐれもよろしく。」と言って深々と頭を下げると「嫌やわ。そない長いお別れのようなこと…言わんといておくれやす。これが最後などと…。」とゆうは慌てます。

隆盛は「一蔵どんが日本中に鉄道を走らせたら、薩摩なんち、あっちゅう間じゃ。そげんなったら、みんなで遊びに来てくいやい。一蔵どん、待っちょでな。」と言って笑いながら帰っていく隆盛でした。

頭を抱える利通。声を殺して泣いていました。

翌朝、隆盛と熊吉は人知れず鹿児島へと旅立ちました。そこへ従道が見送りに来て、「おいは兄さぁの分まで食らいつく。西郷の名に恥じぬように。」と言いました。

「頼んど!たまには帰ってけ。」隆盛は従道に言い、去っていきました。従道はその後ろ姿に「おやっとさぁでございもした。」と言うのでした。

終わりです。

残念な話の展開でした。しかし、ここで突き進む事で現在の日本の発展があると思うと、なんとも言えない気持ちになります。

あんまり私自身、明治維新の事をよく知らなかったので、もっと明治政府は一致団結して前に進んでいたのだと思っていました。

こんな政治の争いがあったなんて思いも寄らなかったです。

次回、第44回「士族たちの動乱」です。

西郷どん 第44回「士族たちの動乱」のネタバレとあらすじと感想。

今回止められていましたけど、結局桐野も鹿児島に帰るようです。